毎日お得な情報、トレンドニュースを先取り更新

インスタ映え・グルメ・ジャニーズ・経済・トレンド・簡単レシピ

【あさイチ】7/22 画像解説 すぐ試したい‼️ カラダがラクになる裏ワザSP 大きい筋肉💪がポイント

2019年7月22日(日) 【あさイチ

カラダがラクになる裏ワザSP

「疲れやすい」、「疲れがとれない」・・・。

その原因は、カラダのムダな

動きによる“ムダ疲れ”かもしれません。

 

そこで、ふだん何気なくしている

動きをちょっと変えるだけで、

ラク~に生活を送れるノウハウを、

カラダのエキスパートの方々が

教えてくださいました。

 目次

 

f:id:moko2moko2:20190722205308j:plain


タイガー・ウッズなど多くの

プロアスリートを輩出している、 

アメリカの“最強スポーツ大学”からは、

現役の五輪メダリストを 

指導している日本人トレーナーが一時帰国。

 

疲れにくいカラダにするための

呼吸法を伝授。

 

また、超一流のプロ野球選手や、

ボクシングの世界チャンピオンを 

育てたトレーナーが、

最小限の力で歩くコツを教えて

くれました。その秘密は、

骨盤を上手に使う“だだっ子”歩き!?


さらに、家事の手際を格段によくする

魔法の“かけ声”や、

古武術のノウハウを活用して

筋肉に頼らずカラダを動かす極意など、

すぐに役立つ情報をご紹介します。

 

1.姿勢を少し変えるだけですごくラクな方法

① 疲れにくい 重いカバンの持ち方

理学療法士の岡田慎一郎さん

f:id:moko2moko2:20190722205114j:plain

カバンをひじにかけるとき、

手の甲を下にして持ちがちですが、 

そうすると腕ばかりを使っているため

疲れてしまいます。 

f:id:moko2moko2:20190722205623j:plain

 

手の甲を上にして体の前に 

つけるようにして持つと

背中の大きい筋肉も一緒に使えるので、

疲れにくくなります。

 

ポイントは、少しだけ肩を前に 

落として、背中の筋肉を伸ばすことです。

f:id:moko2moko2:20190722205714j:plain

f:id:moko2moko2:20190722205800j:plain

f:id:moko2moko2:20190722205843j:plain

f:id:moko2moko2:20190722205912j:plain

1404円

1620円

②  洗面台での立ち方

洗面台で顔を洗うとき、

腰を曲げてかがむと、

腰の曲がっている部分に

集中的に負担がかかってしまって

疲れやすくなってしまいます。 

f:id:moko2moko2:20190722210132j:plain

そこでおすすめなのは、

尻を後ろにつき出すようにして 

かがむこと。

f:id:moko2moko2:20190722210239j:plain

f:id:moko2moko2:20190722210340j:plain

f:id:moko2moko2:20190722210511j:plain


こうすることで腰はまっすぐの

まま姿勢を保てるので、 

疲れにくくなります。

 

この姿勢について

東京大学教授の深代千之さんに

聞いてみると、筋肉の使い方

から見ても理にかなっているそうです。

 

筋電図で測ってみると、

尻を後ろにつき出した姿勢の方が、

背中の小さい筋肉は 

あまり使われず、太ももの 

大きい筋肉が多く使われていました。

大きい筋肉を有効に使った

姿勢でもあったのです。

③ 電車でよろけにくい立ち方

東京大学教授の深代千之さん

f:id:moko2moko2:20190722210937j:plain

電車でよろけにくい立ち方

電車の揺れる方向に合わせて足を開く。

電車は、出発するときと止まるとき、

進行方向に揺れます。

 

電車のいすに向かい合うように

立っている場合、足を左右に広げます。

f:id:moko2moko2:20190722211136j:plain

一方、電車が走っているときは

足を縦に広げると、

揺れに柔軟に対応することができ、

よろけにくくなります。

f:id:moko2moko2:20190722211230j:plain

2.作業効率がUPする魔法の言葉

① 大根おろしは「サッ」、自転車は「スッ」

  体がやわらかくなるのは「にゃ~」

 音声言語学が専門の朝日大学教授、藤野良孝さん

f:id:moko2moko2:20190722211355j:plain

かけ声で作業効率がUPする魔法の言葉を

教えてもらいました。

 

大根おろしを作るときにおすすめなのは

「サッサッ」と言いながら作業をすること。

f:id:moko2moko2:20190722211510j:plain

f:id:moko2moko2:20190722211537j:plain


今回3人の女性に協力してもらったところ全員が、

無言でおろしたときと比べて量が多くなり、

そのうち2人は100グラム以上増えました。

 

「サッ」にある「S」の音を耳で聞くことで、

頭の中で「素早く動かそう」

という認識が生まれ、動作も

いつの間にか早くなっていたと考えられます。


また、自転車をこぐときに

おすすめなのは「スッスッ」です。

同じ時間を無言でこいだときと比べると、

3人とも走行距離がのびました。

 

「スッ」という言葉に含まれる

「ウ」という母音は、体の内側に

力が入りやすいため、足を踏み込む

ときに自然と力が入って、

いつの間にかこぐスピードが

UPしていたと考えられます。 

f:id:moko2moko2:20190722211733j:plain

体がやわらかくなる言葉、

「にゃ~」についても教わりました。

かわいく脱力するような声で

言うことで、3人とも前屈の記録がのび、

多い人は9センチもUPしました。

 

f:id:moko2moko2:20190722212327j:plain

② 窓ふきは「サッ」、自転車で坂道は「グッ」

f:id:moko2moko2:20190722211831j:plain

f:id:moko2moko2:20190722211911j:plain


スタジオで、そのほかの魔法の言葉を紹介しました。

窓ふきをするときにおすすめなのは、「サッサッ」。

こちらも大根おろしと同じように、

テンポよく作業が進みます。

 

自転車で坂道を上がるときにおすすめなのは、

「グッグッ」。「グ」という濁音が入ることで、

より力が入るため坂道をこぎやすくなるそうです。

 

③ 理にかなった言葉「よいしょ」

音声言語学が専門の朝日大学教授、

藤野良孝さんによると、

物を持ち上げるときに「よいしょ」

と言いながら行うのは、

理にかなっているそうです。

 

「よいしょ」は「よ」「い」「しょ」の

3つの言葉で構成されていて、

「よ」は「これから物を持ち上げるぞ!」

という心にスイッチを入れる役割を

担っていて、「い」は腹筋に力が

入るため体に軸ができます。

 

「しょ」には力を外側に開放しやすい

「オ」の響きが入っているため、

力を出し切れるそうです。

f:id:moko2moko2:20190722221049j:plain

こうした音声言語学の観点から、

物を持ち上げるときに

最もパワーの出る言葉を藤野さんに

考えてもらいました。

それは「スーッイヤァァァ」です。

 

「スーッ」でカラダに適度な

安定を保ちながらスムーズに構えに入り、

「イ」で体の内側にグッと力を入れて、

「ヤァァァ」で力を解放できるそうです。

面白いですね。

ぜひ試してみてください。

f:id:moko2moko2:20190722212428j:plain


3.骨盤をやわらかくして 動いても疲れにくいカラダに

① 骨盤ツイスト

 スポーツトレーナーの手塚一志さん

f:id:moko2moko2:20190722220254j:plain

動いても疲れにくいカラダになる

エクササイズを教えて頂きました。

その名も「骨盤ツイスト」。

体の横に置いたいすに少し重心を

のせながら、いす側の足を

ツイストのようにねじります。

f:id:moko2moko2:20190722220451j:plain

ポイントは、つま先を体の内側・

外側と180度動かすこと。

そうすることで、骨盤の関節が

やわらかくなるそうです。

f:id:moko2moko2:20190722220542j:plain

f:id:moko2moko2:20190722220625j:plain


関節がやわらかくなったら、

骨盤を動かすだけで全身を動かす感覚を

身につけます。

それにぴったりなのが、だだっ子の動き。

左右の骨盤を斜め前につき出すような

イメージで腰をふっていきます。

 

ポイントは、腰は横にふらず、

腰の幅を保ったまま行うこと。

すると骨盤を中心に胴や腕、

足が自然と動いていきます。 


歩くときは、このだだっ子の

動きを応用し、骨盤を斜め前に

つき出すイメージで行うと

ラクに歩けます。

骨盤をより動かしながら歩くコツは、

真正面に線が引いてあるとイメージし、

その線をかかとで踏んでいくように

歩いていくことです。

こうすることで、より骨盤が 

斜め前後に動くため、

いつの間にか歩くスピードや

歩幅がUPするそうです。

 

f:id:moko2moko2:20190722220908j:plain

849円

② スタンフォード式呼吸法で 疲れにくいカラダに

①山田知生さん

スタンフォード大学でスポーツ選手の

レーニング指導。

 

f:id:moko2moko2:20190722221154j:plain

②体が疲れにくくなる「IAP呼吸法」とは

f:id:moko2moko2:20190722095247j:plain

IAPは、

Intra Abdominal

Pressureの略で、

おなかの中の圧力のことです。

 

息を吸ったり吐いたりするときに

おなかをふくらませたまま行うことで、

おなかの中の圧力が高まり、

体のゆがみが補正されるため

疲れにくいカラダになるそうです。

 

1620円

Risultati immagini per ã¹ã¿ã³ãã©ã¼ãå¼ ç²ããªãä½

③やり方
まず呼吸を始めるときに、おなかを手で

軽くおさえます。

場所は、腰の上の骨がないやわかい部分です。


そして息を鼻からゆっくり

吸っていきます。

このとき、手でおなかのふくらみを

感じられたらOK。

続けていくうちに大きく

ふくらませられるようになるので、

最初は少しふくらんでいる程度でも

大丈夫です。

f:id:moko2moko2:20190722221338j:plain

f:id:moko2moko2:20190722221414j:plain

f:id:moko2moko2:20190722221557j:plain

f:id:moko2moko2:20190722221804j:plain

f:id:moko2moko2:20190722221928j:plain

f:id:moko2moko2:20190722221959j:plain

f:id:moko2moko2:20190722222032j:plain


吐くときも鼻から。このとき、

おなかはできるだけふくらんだままに

するのがポイントです。
呼吸の長さは、吸うのに4秒、

吐くのに6秒かけると効果的。

1日に8呼吸を朝昼晩行うのが

おすすめだそうです。